高槻テニスサークルcloverの幹事の食べ歩き日記

豊臣秀吉が名付け親という御城之口餅の「菊屋」さんへいざ @奈良市

きたまち ス マガザンさんへランチを食べに行く途中で「菊屋」さんが目に留ったので寄ってみることにしました。

御城之口餅ですが、元々は豊臣秀吉が鶯餅(うぐいすもち)と名付けたみたいですが、お城の入口付近で売っていたことから御城之口餅(しろのくちもち)と呼ばれるようになったらしいです。

包み紙も老舗らしくいいですね~
s_P1050766.jpg

箱は高級感がありますね~
s_P1050767.jpg

15個入りです。
1個100円ですが、2センチほどの大きさなので割高感が・・・

粒餡を餅で包んだものにきな粉をまぶしています。
一口で頂きます。

んん~!
うまっ!!

丹波大納言を使った餡子の甘さがいい塩梅。
近江産の餅で包んでいるらしいですが、その食感がわからないぐらい薄いのか?
他の人の切った断面の写真を見ると確かに餅が包んでますね。

さらに国産青大豆のきな粉が中の餡子をさらにおいしくひきたててますね。

ばーばと一緒に買ったのに娘2号がめっちゃ気にいって全部食べるって言いだしました。
しかたがないので5個渡すのが2個だけになっちゃいました。
s_P1050768.jpg

支店も奈良県に数ヶ所あるみたいなので、また奈良に行った時には買いに寄ってみたいと思います。


人気ブログランキングへ


菊屋 奈良店

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:その他 | 近鉄奈良駅奈良駅









スポンサーサイト

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

テリー

Author:テリー
性別:男性
年齢:ついに40 OVER
テニス暦:10年位
趣味:テニス、音楽鑑賞、映画鑑賞、食べ歩き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

楽天

テニスオフ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top