高槻テニスサークルcloverの幹事の食べ歩き日記

大福堂 和菓子 丹波篠山

丹波篠山の和菓子屋さん巡り第二弾。

今回は篠山城跡からほど近いところにある「大福堂」さん。

他のお店に比べて建物も新しく、老舗っぽくないがHPでは1893年(明治26年)創業となっている。

入ってみてやはり今の新しいお店の作りになっている。

歴史の街を演出している丹波篠山としては少し残念だが、これも時代の流れからか。


さて肝心のお菓子やけど、やはり栗が多い。

ここでは2品ほど買いました。

玉水 ¥250

渋皮付きの丹波栗を丹波つくね芋でつつみ、蒸し上げたもので、天皇・皇后両陛下『丹波の祭典』、秋篠宮御夫妻『丹波篠山味まつり』御観覧に際し、お召し上がりになられた一品。

1個250円とこの辺のお菓子としては高めだが、渋皮煮がまるごと一個入っていて、上品な甘さで美味しい。
s_P1030169.jpg

s_P1030170.jpg

栗きんとん ¥200

食べ比べで買ったものだが、こちらは栗の甘さを最大限に活かし、甘さも控えめ。
あまり甘くないものがいい方はこちらがお薦めです。
s_P1030173.jpg

s_P1030140.jpg

大福堂さんの味は僕も嫁も気に入ったので、また篠山に行く時は違うものを買ってみたいと思います。


ポチッとよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ありがとうございます。



大福堂 本店

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:和菓子 | 篠山口駅







スポンサーサイト

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

テリー

Author:テリー
性別:男性
年齢:ついに40 OVER
テニス暦:10年位
趣味:テニス、音楽鑑賞、映画鑑賞、食べ歩き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

楽天

テニスオフ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top