高槻テニスサークルcloverの幹事の食べ歩き日記

亀屋清永 和菓子 京都祇園石段下

京都で八坂さんの付近を歩いていると、ふと和菓子屋さんのショーケースに目が止まった。

「あれ?このお菓子雑誌とかで見たことあるな~」と僕。

「ちょっと覗いてみようか?」と嫁。

亀屋清永」さんの暖簾をくぐり店内へと入る。

正面のショーケースにはお茶菓子が飾ってあり、その奥にお目当ての「清浄歓喜団」があった。

お店の人にどんなお菓子かと聞くと、奈良時代遣唐使により伝わった唐菓子の一種で、千年以上も歴史のあるもので、胡麻油で揚げてあり、中には餡子、そして七種の香が入っているとの事。

1個525円という値段でちょっと引いてしまったが、一回ぐらいは食べておかないと思い購入。

清浄歓喜団
食べてみてお香や!の一言。
僕はちょっと苦手な味(香り)だったが、嫁はいけるやんって言いながら食べてましたわ。
s_P1020965.jpg

餢飳(ぶと)
こちらは清浄歓喜団ほど香りもキツくなく、まだ僕的には食べれました。
s_P1030179.jpg

それにしても千年以上前のお菓子を今だに受け継いで作っているのには感銘しました。

さすがに京都は歴史のある街なだけあって色々とありますね。

s_P1020915.jpg


ポチッとよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

亀屋清永

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:和菓子 | 祇園四条駅三条京阪駅東山駅


スポンサーサイト

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

テリー

Author:テリー
性別:男性
年齢:ついに40 OVER
テニス暦:10年位
趣味:テニス、音楽鑑賞、映画鑑賞、食べ歩き

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

楽天

テニスオフ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top